WordPressの固定ページとは?投稿との違い

WordPressでは新しくページを作成する際、「固定ページ」または「投稿」のどちらかを作成することができます。

WordPressでは大きく分けて2種類のページ作成機能がある

「固定ページ」の作成画面
「投稿」の作成画面

「固定ページ」と「投稿」、どちらもページの作成画面や操作方法はほぼ同じだが、表示のされ方に違いがある。

固定ページと投稿の違い

「固定ページ」とは、その名のとおり、ウェブサイト内のメニューなどに固定して表示しておきたい情報を掲載するのに適したページです。

具体的には、「プロフィール」「会社案内」「サービス内容」「アクセス」「お問い合わせ」など、決まった場所で表示しておきたいものを「固定ページ」で作成します。

それに対し「投稿」は、ブログの記事のように時系列で整理したい記事や、カテゴリーで分類したいページを作成する時に使います。

会社やお店のウェブサイトの場合は、「お知らせ」や「ニュース」、「社長ブログ」「店長ブログ」など、頻繁に更新されるものを「投稿」で作成します。

「固定ページ」の管理画面

管理画面左側ナビゲーションメニュー「固定ページ」をクリックすると、「固定ページ一覧」が表示されます。

WordPressをインストールしてすぐの状態では、「サンプルページ」と「プライバシーポリシー」という2つの記事が、サンプルとして設定されています。

一覧に掲載されている記事のタイトルの下にカーソルを乗せると、「編集」「クイック編集」「ゴミ箱」「表示」というメニューが表示されます。

今回は、「編集」をクリックしてみます。

すると、編集画面が表示されます。

ページの編集に関しては、あらためて詳しく説明しますが、WordPressではこのような編集画面でページを作成していきます。

「固定ページ」の表示場所

設定しているテーマによって表示は異なりますが、今回例としてあげている「Luxeritas」テーマの初期状態では、固定ページのサンプルページは、ページ上部のグローバルメニューに表示されています。

「投稿」の管理画面

管理画面左側ナビゲーションメニュー「投稿」をクリックすると、「投稿一覧」が表示されます。

WordPressをインストールしてすぐの状態では、「Hello world!」という記事が、サンプルとして設定されています。

一覧に掲載されている記事のタイトルの下にカーソルを乗せると、「編集」「クイック編集」「ゴミ箱」「表示」というメニューが表示されます。

今回は、「クイック編集」をクリックしてみます。

すると、クイック編集画面が表示されます。

「本文は編集する必要ないけど、タイトルだけ修正したい」「公開するのをやめて、いったん下書きの状態にしておきたい」という場合に、クイック編集は便利です。

「投稿」の表示場所

設定しているテーマによって表示は異なりますが、今回例としてあげている「Luxeritas」テーマの初期状態では、「投稿」のサンプルとしての「Hello world!」というページは、トップページ中央に表示されています。

以上、今回は「固定ページと投稿の違い」について説明いたしました。

続いて、カテゴリーの初期設定について説明いたします。

詳細は以下にまとめていますので、そちらをご覧ください。