WordPressのディスカッション機能のおすすめの初期設定

2020年3月14日

WordPressには、コメントとトラックバック、2つのコミュニケーション機能が備わっています。

コメント機能は、ウェブサイトの記事を読んだ人が意見や感想をコメントとして書き込める機能で、ブログやニュースサイトなどでよく使われています。

一方、トラックバック機能は、主にブログの運営者同士で使われる機能で、他の人の記事を引用して自分のサイトに掲載したときに、記事を引用したことを引用元の相手に対して通知を行う目的で使われます。

WordPressをインストールしてすぐの状態では、コメント、トラックバック、どちらも受け付ける設定になっていますが、ウェブサイトの種類や運用目的によっては受け付けないほうが良い場合もあります。

たとえば、質問を積極的に受け付けるなど、訪問者とのコミュニケーションを重視してサイトを運用していくのであれば、コメント機能は必須となるでしょう。

しかし、最近は「荒らし」と呼ばれる誹謗中傷のコメントが書き込まれることもあるので、そのような批判的なコメントに悩みたくないのであれば、最初からコメントを受け付けない設定にしておくことがおすすめです。

また、トラックバック機能に関していえば、以前はよく使われていた機能ではありますが、アクセスを集める目的だけで関係のないサイトに不正にトラックバックを行う手法が横行してしまったこともあり、最近はほとんど使われることはなくなりました。

以上のことをふまえ今回は、コメント、トラックバック、ともに受け付けない設定の方法を説明いたします。

コメント、トラックバックを受け付けない設定

WordPressでは、コメントやトラックバックの設定は「ディスカッション設定」画面で行います。

以下、手順を説明します。

設定手順

(1)管理画面左側ナビゲーションメニュー「設定」から「ディスカッション」をクリックします。

(2)「ディスカッション設定」画面が表示されます。

初期設定の段階では、「デフォルトの投稿設定」の3つの項目がすべてチェックが入っていますが、これらのチェックをすべてはずすと、コメントやトラックバックの機能がOFFになります。

(3)「デフォルトの投稿設定」の3つの項目のチェックをはずしたら、画面を下にスクロールさせます。

(4)画面左下の「変更を保存」をクリックします。

以上の作業で、コメントやトラックバックを受け付けない設定は完了です。

続いて、WordPressのプラグインについて説明いたします。

詳細は以下にまとめていますので、そちらをご覧ください。