文字の装飾とリンクの設定

投稿する記事は、重要な部分を太字で強調したり、目立たせたい文字に色をつけたりすると、メリハリがつき読みやすくなります。

また、サイト内の別のページにリンクを設定することで、より多くの記事を読んでもらうことにもつながります。

ここでは、文字の装飾とリンクの設定方法について説明します。

太字にする

太字にしたい部分をドラッグして選択します。

「太字ボタン」をクリックします。

太字に設定されました。

1つ前の状態に戻す(取り消し)

画面左上の「取り消し」ボタンをクリックすると、行った編集の1つ前の状態に戻すことができます。

先ほど行った太字の設定が元に戻りました。

文字の装飾を元に戻す

文字の装飾を行った部分を元に戻したい場合は、まず元に戻したい部分をドラッグして選択します。

文字装飾が行われているボタンが反転表示されるので(今回のケースでは太字(B))元の状態に戻したいボタンを再度クリックします。

ボタンの反転表示が元に戻り、装飾した部分も元に戻ります。

文字の色を変える

文字の色を変えたい部分をドラッグして選択します。

「文字色ボタン」をクリックします。

文字色を選択するカラーパレットが表示されます。

設定したい色を選択します。

文字の色が変更されました。

文字の背景色を変える

文字の背景色を変更したい部分をドラッグして選択します。

「背景色」ボタンをクリックします。

背景色として設定したい色を選択します。

文字の背景色が変更されました。

段落単位で色を変える

WordPressでは、このように段落単位でも文字色や背景色を変更することができます。

以下、手順を説明いたします。

文字色や背景色を変更したい段落を選択します。

画面右側の「ブロック」と書かれたタブをクリックします。

「色設定」をクリックします。

段落の背景色と文字色を設定するカラーパレットが表示されます。

背景色、文字色に設定したい色を選択すると、段落全体の色が変わります。

文字の大きさを変える

文字の大きさを変えたい部分をドラッグして選択します。

「文字サイズ」ボタンをクリックします。

文字サイズのメニューが表示されます。

文字サイズは、プルダウンメニューで表示されるサイズから選ぶ、または直接数字を入力することでも設定できます。

今回は、文字のサイズを「20px」に設定してみます。

文字のサイズが変更されました。

段落単位で文字のサイズを変更する

文字のサイズを変更したい段落を選択して、画面右側の「ブロック」と書かれたタブをクリックします。

プルダウンメニューで設定したい文字サイズを選択します。

段落全体の文字サイズが変更されました。

下線を引く

今回、ひとつの例として設定しているLuxeritasテーマでは、文章に下線を引く機能として「蛍光ペン」と「ドット蛍光ペン」の2つが用意されています。

以下、それぞれの手順を説明します。

蛍光ペン

下線を引きたい部分をドラッグして選択し、「蛍光ペン」ボタンをクリックします。

メニューが表示されるので、設定したい色を選択します。

黄色の蛍光色の下線が設定されました。

ドット蛍光ペン

下線を引きたい部分をドラッグして選択し、「ドット蛍光ペン」ボタンをクリックします。

メニューが表示されるので、設定したい色を選択します。

黄色の蛍光色で点線の下線が設定されました。

文字にリンクを設定する

リンクを設定したい部分をドラッグして選択します。

「リンク」ボタンをクリックします。

リンクの設定メニューが表示されるので、「URLをペーストするか入力して検索」と書かれている入力欄に、リンク先のURLを入力します。

「リンク設定」ボタンをクリックすると、そのリンクを新しいタブ(ウィンドウ)で開くかどうかを設定できます。

リンク先のURLの入力、新しいタブで開くかどうかを選択したら、「適用」ボタンをクリックします。

リンクが設定されました。

以上、今回は文字の装飾とリンクの設定について基本的な操作手順を説明しました。