WordPressの管理画面の画面構成

2020年3月7日

WordPressでウェブサイトを作成する場合、ページの作成や修正は管理画面から行います。

管理画面では、ページの作成や修正以外にも、デザインの変更や画像の管理などウェブサイト作成に関する様々な作業を行うことができます。

ここでは、エックスサーバーでインストールが完了して間もない初期設定段階での、WordPressの管理画面の構成や見方についてお伝えいたします。

WordPressにログインする

それでは、WordPressにログインしてみましょう。

まずはじめに、WordPressをインストールしたときにメモやブックマークをしておいた「管理画面URL」にアクセスします。

なお、毎回メモを見てアクセスするのも面倒かと思いますので、「管理画面へはドメインの後ろに「/wp-admin」をつけることでアクセスできる」ということも覚えておくとよいでしょう。

Check

管理画面URL=http://あなたのドメイン/wp-admin

「ユーザー名(またはメールアドレス)」と「パスワード」を入力して「ログイン」をクリックします。

ログインが完了すると、このような管理画面が表示されます。

WordPress管理画面の画面構成

(1)ツールバー
(2)ナビゲーションメニュー
(3)各メニューの表示領域

WordPressの管理画面は、画面上部に「(1)ツールバー」、画面左側に「(2)ナビゲーションメニュー」があり、それぞれのメニューをクリックすると、(3)の領域の画面が切り替わる仕組みになっています。

ツールバー

ツールバーに表示されている「WordPressのアイコン」にカーソルを乗せると、「WordPressについて」「WordPress.org」などのメニューがプルダウンで表示されます。

このメニューは主に、自分が利用しているWordPressのバージョンを確認したり、何かわからないことがあったときのためのサポートページにアクセスするために使います。

WordPressについて

「WordPressについて」をクリックすると、現在利用しているWordPressのバージョンが確認できます。

サポート

「サポート」をクリックすると、WordPressのサポートページが表示されます。

サイトを表示

家のアイコンとサイト名が表示されている箇所にカーソルを乗せると、プルダウンで「サイトを表示」というメニューが表示されます。

「サイトを表示」をクリックすると、作成しているウェブサイトが表示され、自分のウェブサイトの現在の状態を確認できます。

コメント

吹き出しのアイコンをクリックすると、記事に付いたコメントを管理する画面が表示されます。

初期設定の段階では、表示確認を行うためのダミーのコメントが設定されています。

+新規

「+新規」と書かれている箇所にカーソルを乗せると、「投稿」「メディア」「固定ページ」「ユーザー」というメニューがプルダウンで表示されます。

このメニューは主に、ページの作成や編集、画像の管理などを行うときに使います。

こんにちは、〇〇さん

「こんにちは、(あなたのユーザー名)さん」と表示されている箇所にカーソルを乗せると、「プロフィールを編集」「ログアウト」というメニューがプルダウンで表示されます。

作業が終わったら、ここからログアウトを行います。

ナビゲーションメニュー

ここからは、画面左側の「ナビゲーションメニュー」について説明いたします。

ダッシュボード

WordPressの管理画面にログインした際に、最初に表示されるのが「ダッシュボード」の「ホーム」ページです。

このページでは主に、ウェブサイトの作成でよく使いそうな機能へのリンクや、初心者の方に役立ちそうなリンクが表示されています。

ダッシュボードの構成

「WordPressへようこそ!」
WordPressを使い始めたばかりの方向けのリンク集が表示される。必要がなければ右上の「非表示にする」をクリックすると表示されなくなる。

「概要」
記事数やコメントの数など、ウェブサイトの現在の状況が確認できる。使用しているWordPressのバージョンもここに表示される。

「アクティビティ」
新しい記事を追加した、新たにコメントが書き込まれたなど、ウェブサイトに動きがあった際に、最新のものから順に表示される。

「クイックドラフト」
ふとアイデアを思いついたときなどに、投稿画面にアクセスすることなく、ここで記事の下書を残すことができる。

「WordPress イベントとニュース」
WordPress関連のイベントやニュースが表示される。

更新

「更新」をクリックすると、「WordPressの更新」画面が表示されます。ここではWordPressの本体やプラグイン、テーマなどを最新バージョンに更新することができます。

投稿

「投稿」にカーソルを乗せる、もしくはクリックすると、「投稿一覧」「新規追加」「カテゴリー」「タグ」というメニューが表示されます。

「投稿」メニュー

「投稿一覧」
投稿機能を使って作成したページの一覧が表示される。なお、初期設定時には表示確認のため「Hello world!」というサンプル記事が設定されてい

「新規追加」
投稿の新規作成画面が表示される。この画面で新しい記事を追加できる。

「カテゴリー」
投稿した記事を分類分けするためのカテゴリーを作成したり管理するための画面が表示される。

「タグ」
投稿した記事にタグをつけて、分類、管理するための画面が表示される。

なお、WordPressでは新しい記事を追加する機能として、ここで紹介している「投稿」と、後述する「固定ページ」の2種類の機能が用意されています。

それぞれの違いについては、「投稿」はブログやニュースなど定期的に更新される記事を書くときに使う機能、「固定ページ」はプロフィールや会社案内など常に固定して見せたいページを作るときに使う機能と捉えておくとわかりやすいでしょう。

メディア

「メディア」にカーソルを乗せる、もしくはクリックすると、「ライブラリ」「新規追加」というメニューが表示されます。

ここでは主に、アップロードした画像や動画の管理が行えます。

「メディア」メニュー

「ライブラリ」
アップロードした画像や動画などの一覧が表示される。

「新規追加」
ウェブサイトで利用するための画像や動画をアップロードすることができる。画像や動画の他、PDFファイルなどもアップロードすることができる。

固定ページ

「固定ページ」にカーソルを乗せる、もしくはクリックすると、「固定ページ一覧」「新規追加」というメニューが表示されます。

「固定ページ」メニュー

「固定ページ一覧」
固定ページ機能を使って作成したページの一覧が表示される。なお、初期設定時には表示確認のため「サンプルページ」というサンプル記事が設定されている。また、「プライバシーポリシー」というウェブサイトの個人情報保護方針の雛形が下書きとして設定されている。

「新規追加」
固定ページの新規作成画面が表示される。この画面で新しい固定ページを追加できる。

コメント

「コメント」をクリックすると、記事に付いたコメントを管理する画面が表示されます。

初期設定の段階では、表示確認を行うためのダミーのコメントが設定されています。

外観

「外観」にカーソルを乗せる、もしくはクリックすると、「テーマ」「カスタマイズ」「ウィジェット」「メニュー」「背景」「テーマエディター」というメニューが表示されます。

ここでは主に、ウェブサイトのデザインに関する操作を行います。

「外観」メニュー

「テーマ」
現在のウェブサイトに設定されているテーマやインストール済みのテーマの一覧が表示される。新しいテーマの追加もここで追加できる。なお、「テーマ」とはウェブサイトのデザインの雛形(テンプレート)のようなものと理解しておくとよいだろう。

「カスタマイズ」
直観的にデザインの編集が行える「テーマカスタマイザー」という画面が表示される。ウェブサイトのロゴや背景画像の設定、色調の変更などを行うことができる。

「ウィジェット」
最新記事の一覧メニューやカテゴリリスト、カレンダーなどをウェブサイトに追加するための画面が表示される。

「メニュー」
ウェブサイト上部のグローバルメニューや、フッターメニューなどのナビゲーションメニューを管理する画面が表示される。

「背景」
「テーマカスタマイザー」の「背景」を編集する画面が表示される。

「テーマエディター」
ウェブサイトのデザインを司るファイルのコードを直接編集できる画面が表示される。HTMLやPHPの知識に自信がない方はウェブサイトを壊してしまう恐れがあるので、慣れないうちは注意が必要。

プラグイン

「プラグイン」にカーソルを乗せる、もしくはクリックすると、「インストール済みプラグイン」「新規追加」「プラグインエディター」というメニューが表示されます。

「プラグイン」メニュー

「インストール済みプラグイン」
インストールされているプラグインの一覧が表示される。

「新規追加」
プラグインを新たに追加するための画面が表示される。

「プラグインエディター」
プラグインのプログラムコードを直接編集できる画面が表示される。高度な知識が必要となり、編集を間違えるとウェブサイトを壊してしまう恐れがあるので注意が必要。

ユーザー

「ユーザー」にカーソルを乗せる、もしくはクリックすると、「ユーザー一覧」「新規追加」「あなたのプロフィール」というメニューが表示されます。

「ユーザー」メニュー

「ユーザー一覧」
自分のウェブサイトの作成に携わるユーザーの一覧が表示される。

「新規追加」
自分のウェブサイトの作成に携わるユーザーを新たに追加する画面が表示される。

「あなたのプロフィール」
WordPressを使ううえでの個人的な情報を編集する画面が表示される。メールアドレスやパスワードの変更もここで行うことができる。

ツール

「ツール」にカーソルを乗せる、もしくはクリックすると、「利用可能なツール」「インポート」「エクスポート」「サイトヘルス」「個人データのエクスポート」「個人データの消去」というメニューが表示されます。

「ツール」メニュー

「利用可能なツール」
初期設定時は「カテゴリーとタグの変換ツール」が表示される。利用するためには「インポート」メニューからツールをインストールする必要がある。

「インポート」
別のシステムの投稿やコメントをインポートするための画面が表示される。WordPressをはじめ、Blogger、Movable Type、Tumblrなどからインポートできる。

「エクスポート」
WordPressで作成したコンテンツをXMLファイル形式で書き出すための画面が表示される。WordPressを使った別のウェブサイトにデータを移行したいときなどに使う。

「サイトヘルス」
WordPressを利用するにあたり、より性能を高めるための改善案が表示される。注意を払うべき WordPress 設定と項目についての重要な情報が表示されるので定期的に確認するとよい。

「個人データのエクスポート」
個人データをエクスポートすることができる画面が表示される。

「個人データの消去」
個人データを消去するための画面が表示される。

設定

「設定」にカーソルを乗せる、もしくはクリックすると、「一般」「投稿設定」「表示設定」「ディスカッション」「メディア」「パーマリンク設定」「プライバシー」というメニューが表示されます。

「設定」メニュー

「一般」
ウェブサイトのタイトルやキャッチフレーズ(説明文)、サイトURLなどを編集できる画面が表示される。

「投稿設定」
投稿を行う際のカテゴリーの初期設定などを行う画面が表示される。

「表示設定」
検索エンジンがウェブサイトをインデックスしないための設定や、投稿記事を1ページに何記事表示するかなどの設定を行う画面が表示される。

「ディスカッション」
コメントを許可する、しない、承認制にするなど、主にコメントに関する設定を行う画面が表示される。

「メディア」
アップロードする画像のサイズを管理する画面が表示される。

「パーマリンク設定」
パーマリンク(ページそれぞれを指し示すURL)の形式を設定する画面が表示される。

「プライバシー」
プライバシーポリシーページについての説明などが表示される。

今回は、WordPressの管理画面の画面構成について解説いたしました。

では、続いて、WordPressを使い始める前の初期設定として「WordPressアドレス」と「サイトアドレス」の変更を行ってみましょう。

詳細は以下にまとめていますので、そちらをご覧ください。