エックスサーバーにWordPressをインストールする

WordPressを使ってウェブサイトを作成するためには、サーバーにWordPressをインストールする必要があります。

エックスサーバーの場合、WordPressをインストールする機能(簡単インストール機能)が備わっているので、その機能を使うことで簡単にWordPressのインストールが行えます。

ここでは、簡単インストール機能を使ってエックスサーバーにWordPressをインストールする手順をお伝えいたします。

エックスサーバーにWordPressをインストールする手順

(1)エックスサーバーの「サーバーパネル」にログイン後、画面左側メニューの「設定対象ドメイン」の箇所で、WordPressをインストールしたいドメインを選択して「設定する」をクリックします。

(2)画面左下の「WordPress簡単インストール」をクリックします。

(3)「WordPress簡単インストール」画面が表示されます。

(4)「WordPressインストール」タブをクリックします。

(5)「WordPressインストール」画面が表示されるので、必要な情報を入力します。

Check

サイトURL:特にこだわりがなければ、ここはそのままで何も入力する必要はない。たとえば、http://〇〇〇.com/wordpress/ というように下層にフォルダを作成してサイトを制作する場合は、半角255文字以内でフォルダ部分を入力する。また、プルダウンメニューで「wwwあり」か「wwwなし」を選ぶこともできる。

ブログ名:WordPressを使って作成するウェブサイトの名前(サイトタイトル)を全角127文字(半角255文字)以内で入力。あとから変更することも可能なので、そう悩む必要はない。

ユーザー名:WordPressにログインするためのユーザー名を、半角255文字以内で入力。半角英数字、半角スペースと、「_」「-」「.」「@」という記号が使用可能。

パスワード:WordPressにログインするためのパスワードを、半角7文字以上、16文字以内で入力。半角英数字と「!」「#」「$」「%」「=」「~」「^」「|」「:」「_」「[」「]」「.」「+」「-」「*」「/」という記号が使用可能。

メールアドレス:WordPressで作成するウェブサイトで利用したいメールアドレスを入力。ここで入力したメールアドレス宛にWordPressのバージョンアップ情報などが届くようになる。

キャッシュ自動削除:WordPressの表示を高速化する目的で、WordPressのキャッシュを、Cronによって一定間隔で自動的に削除する機能。「ONにする」を推奨。キャッシュの自動削除機能は、あとからでも、サーバーパネルの「Cron設定」より確認・編集・削除が可能。

データベース:利用するデータベースを選択する。特に利用予定のデータベースが無く、今回新たに作成する場合は、「自動でデータベースを生成する」を選択。

(6)必要な情報を入力したら、「確認画面へ進む」をクリックします。

(7)確認画面が表示されるので、間違いがなければ「インストールする」をクリックします。

以上の作業で、WordPressのインストールが完了します。

今後、WordPressを使ってウェブサイトを作成するのに「管理画面URL」「ユーザー名」「パスワード」が必要となるので、忘れないように必ずメモなどに控えておきましょう。

では、続いて、インストールしたWordPressの管理画面にログインしてみましょう。

WordPressの管理画面にログインする

「管理画面URL」をクリックして、WordPressの管理画面にアクセスします。

WordPressのログイン画面が表示されます。

「ユーザー名(またはメールアドレス)」と「パスワード」を入力して、「ログイン」をクリックします。

WordPressにログインすると、このような管理画面が表示されます。

WordPressを使ってウェブサイトを作成する場合、この管理画面上でページの作成などを行います。

では、続いて、管理画面からログアウトを行ってみましょう。

WordPressの管理画面からログアウトする

画面右上のアイコンにカーソルをあわせます。

メニューが表示されるので、「ログアウト」をクリックします。

以上の作業で、ログアウトは完了です。

今回は、エックスサーバーにWordPressをインストールする方法と、WordPressのログイン、ログアウトについて解説いたしました。

WordPressのインストールも完了して、いよいよウェブサイトを作成していきますが、その前に、まず管理画面の画面構成について理解を深めておきましょう。

WordPressの管理画面の画面構成については、詳細を以下にまとめていますので、そちらをご覧ください。